8月30日 リラックスヨガ

8月30日(火) リラックスヨガ


夏の疲れがたまってるかな~?と思い、、

今回のリラックスヨガは、いつもの内容に付け加えて、流れるように体を動かす内容をいれてみました。

体というのは、不思議なもので意識する・しないで、呼吸などのスピードも変わってきます。

緊張していると、交感神経が優位になり呼吸や心拍数が早くなります。

緊張も自分で意識できる緊張と、無意識の緊張状態があります。

たとえば、小さな子どもを育てている私たちは、いつも子どもを守れるように緊張状態にあります。
(子どもが危険なときとっさに体を動かせるようにスタンバイしてる状態ね)

そうすると、常に緊張した状態を「通常モード」だと身体は認識し、その「通常モード」を保とうとします。

この緊張状態が通常モードになると、身体がリラックス状態を思い出せなくなります。
要するに、力の抜けない状態です。

朝起きると、奥歯をかみしていたり、肩がいつもこわばっていたり、首が痛かったり。


子育て中、肩こりや腰痛になる方も多いのは、この緊張状態が影響していると思われます。


リラックスヨガでは、ゆっくりと体を伸ばしながら、一時的な負荷を筋肉に与え、その後の弛緩状態を味わってもらうのを意識しています。

一時的に負荷を与えると、その負荷をといたとき、自動的に弛緩状態になります。
その緊張と弛緩の差を、意識することで、自らの身体に、「リラックスした状態(弛緩状態)」をフィードバックします。

緊張状態が「通常モード」になっている自律神経に、「リラックスモード」で働きかけるのです。

1回やってすぐに「通常モード」が変わるわけではありませんが、日々繰り返すうちに少しずつ変化が現れます。


なので☆

参加してくださった皆様、ぜひおうちでもやってみてくださいね。



by:インド中央政府公認ヴィヴェーカナンダ教育財団認定ヨーガ教師☆ おぐら

by ma-buringu | 2011-09-13 10:42 | イベント開催報告