初のお出かけ企画☆ 身近な自然を観察してみよう

f0223705_932956.jpg
6月5日(土)10:30~12:00「身近な自然を観察してみよう」

ここ洛西は、西山に近く、竹林に囲まれたとても環境のよいところ。春の桜、夏の青葉、秋の紅葉と季節を肌で感じることのできる恵まれた地域です。
本日はそんな洛西の自然を満喫してもらおうと企画した、自然観察。ま~ぶりんぐ初のお出かけ企画です。
まずは室内で、始めましてのお父さん、お久しぶりのお父さんを交えながら、講師の自然観察指導員中平さんが用意してくれた「はじめましてカード」で自己紹介と質問タイム。「食べたことのある木の実や草は?」「虫を捕まえたことありますか?」などさまざまな質問が飛び交いました。その後、お外にでてさあ出発!一歳のお子さんもベビーカーに頼らず自分の足で歩きます。洛西は坂道が多くけっこう大変。でも坂道なんてなんのその!途中パパに抱っこで体力温存しながらも頑張ります。道中は中平さんのわかりやすい説明とネイチャービンゴカードでさまざまな草花や昆虫などを探しながら進みました。団地内を出てすぐ、道端に生えている小さな黄色い花を咲かせる雑草、「かたばみ」の葉で十円玉をこすると、ピカピカになる!というビックリ体験もしつつ、最終目的地「新林池公園」に到着です。バナナのにおいのする木や生きた化石といわれる木なども教えてもらいました。
普段何気に通り過ぎている木々や草花ですが、あらためて「そうだったのね」の連続。いろんな発見と心地よい疲れをお持ち帰りしてま~ぶりんぐ館内に戻ってこられた参加者の皆さん。お昼を食べながらお父さんもお母さんも分け隔てなく「和気あいあい」とおしゃべりに花が咲いていました。お子さんといっしょにお昼寝されていたお父さんもいらっしゃいましたよ。見守るスタッフが和ませていただいた一日でした。ありがとうございます(^^)!
次回は、秋に、今日見た木や草花がどんなふうに変化しているかを観察しに行こうと思っています。

by ma-buringu | 2010-06-14 09:03 | イベント開催報告